めまいのお悩みQ&A

Q.寝起きにめまいがするのですが、病気ですか?


寝起きによるめまいには、問題のない場合と早期に検査を受けなければ
ならない場合など、一概に断定することはできないですが、
寝起きのめまいが毎日生じたり、日常生活に支障をきたす場合には、
早期に専門医による検査を受けた方がよいです。

寝起きにおけるめまいの主な原因は、次のとおりになります。

■耳石の欠損
■三半規管
■低血圧
■脳疾患
■自律神経の異常

【耳石の欠損】
耳の中には「耳石」と言われる小さな石のような器官が存在します。
この耳石の一部がはがれて三半規管に入り込むことによって、脳神経に
謝った信号を送ることから発症します。

耳石は小さな粉のような物質なので、首をちょっと振るなどの動作で
三半規管に入った耳石の一部は崩れ、その後、悪影響を及ぼさなくなります。

すぐに治まる方もいますが、吐き気を生じることもあります。

【三半規管の異常】
三半規管そのものに異常を生じることがあります。
代表的な疾患として良性発作性頭位めまい症が知られています。
三半規管の疾患は耳鼻科で施術を受けるのが一般的です。


【低血圧】
よく知られている寝起きの悪い方に多い症状です。
無理なダイエットや偏った食事、不規則な生活が原因となって、低血圧を
生じていることが近年増えています。

バランスと取れた食事と規則正しい生活が必要となります。

【脳疾患】
脳障害や脳梗塞、脳血栓などがこれに該当します。
早期の施術が必要になります。

【自律神経の異常】
主な症例として自律神経失調症、更年期症状などが該当します。
自律神経系の異常は西洋医学が不得手としており、鍼灸・漢方による
東洋医学による施術が注目されるようになっております。


このように、寝起きによるめまいには、様々な原因があります。
放置しておけば自然に治る症状から、早期な施術が必要な症状まで
幅広い原因が存在しているのですね。

その原因に合わせて適した施術を行うことで、早期改善が可能と
なります。



トップへ戻る