五十肩のお悩み解決Q&A

Q. 五十肩なのか肩こりなのかわからないです。どのように区別すればよいですか?

五十肩も肩こりも、同じ肩周辺の痛みなので、区別がつきづらい症状です。
本当は五十肩なのに、肩こりと勘違いし、そのまま放置した結果、
かえって症状を悪化させてしまうこともあります。

特に五十肩の初期症状は、わずかの痛みしか伴わないことがあり、
さらに肩こりとの区別を難しくさせています。

肩こりとは、デスクワークやゲーム、机に向かっての勉強など、
同じ姿勢をしばらく維持することで、肩周辺の筋肉が凝る症状を言います。

これに対し五十肩は、肩関節や関節周囲の靱帯、筋、腱などに炎症を生じている症状を言います。

少し、専門的な説明になりましたが、肩こりは筋肉の凝りが原因なのに対し、
五十肩は関節周囲の炎症が原因です。
このように、肩こりと五十肩はまったく別の症状なので、施術方法も当然違ってくるのです。

五十肩も肩関節周辺の炎症により、血行が悪くなり、
筋肉の凝りも同時に生じやすくなります。

そのため、肩を揉んだりすると一時期、血行が良くなり、
痛みが和らぐこともありますが、揉み方や揉む強さによっては、
かえって五十肩の症状を悪化させてしまうことがあります。

この場合は、いくら肩を揉んでも治ることはないので、
その施術は中止し、専門医による検査をしてもらった方が良いかと思います。

何年も施術をして患者さんを診てると
五十肩では揉む施術より鍼灸施術の方が適している感じがします。
患者さんとお話ししてわかるのですが、揉む施術院に何か月も通院したが、
治ってないケースが多いからです。

五十肩は肩関節回りの筋肉に炎症を生じていますが、
レントゲンで撮影しても肩の骨などに異常は見られません。
そのため、五十肩は原因不明の症状とも言われています。

又、五十肩は、首回りにも痛みを生じることがあります。
首関節の異常と思って施術をしたところ、実は、五十肩だったというケースも見受けられます。
首回りの痛みを生じた場合にも五十肩を疑う必要があります。

多くの五十肩の初期症状は、肩周辺の軽い痛みや痺れから始まります。
初期症状の段階で鍼灸施術を行えば、3ヶ月~1年ほどの施術で、治ることが多いです。

少しでも通常の肩こりと違うなと思った場合には、
早めに鍼灸施術を行うことをお勧めしています。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード