生理不順の予防と施術

生理不順の症状

生理には規則性があり、健康であれば、安定した生理周期を描くようになります。
ところが、身体に異常が生じたり、過度なストレスが溜まると、生理周期が乱れることがあります。

この症状を生理不順と呼んでいます。

生理不順の症状は、人によって様々です。
「生理周期が長すぎる、あるいは短すぎる」のような生理期間の問題から、
「生理の量が多すぎる、少なすぎる」などの量の問題もあります。

又、「生理そのものが来ない」「痛みがひどい」といった症状もあります。

生理不順の予防・改善

生理不順の予防は、「食生活を整える」「質のよい睡眠」
「ストレスをためない」など様々です。

近年は、ストレス社会における心身の疲労、
過度なダイエットによる栄養バランスの偏りが原因となって
ホルモンバランスの乱れが起きているケースが多く見受けられるようになりました。

そのため、ストレスに強くなる栄養素を豊富に含んだ食事をとるとともに、
過度なダイエットフードや偏った食事などを控えるだけでも、
多くの生理不順を予防できるのではないかと思われます。

子宮や卵巣などに重大な病気が生じていることがありますので、
その場合は、専門医による早期の施術が必要になります。

生理不順の鍼灸効果

生理不順の鍼灸施術は、世界保健機関(WHO)において、
鍼灸適応症として、その効果が公式に認定されています。

東洋医学における生理不順の概念とは、
人間の健康を構成する3要素「気・血・水」のバランスが崩れた状態とされています。

例えば、東洋医学においては、生理周期が遅れすぎることを「経遅」と言い、
逆に生理周期が早すぎることを「経早」と言い、
生理周期が不安定な状態を「経乱」と呼んでいます。

東洋医学においては、生理不順の定義と施術方法は、すでに古来より確立されていたのです。

「経遅」「経早」「経乱」は、過労やストレスでにより「気」の巡りに滞りが生じ、
それが「血」の巡りにも悪影響を与えます。
そして「血」の巡りが悪くなると、「お血(けつ)」状態を生じるようになるのです。

この「お血状態」と気の巡りを改善することで、「経早」「経遅」「経乱」などの
状態を改善できるようになります。

長年、生理不順に悩んでいる方がおりましたら、
一度は鍼灸をお試しされてもよいかと思います。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら