更年期障害の予防と施術

更年期障害の症状

女性の卵巣の働きは、30歳前後をピークに次第に衰えていきます。
やがて、卵巣の機能は完全にストップし、閉経を迎えるようになります。

閉経を迎える年齢は、個人差がありますが、通常45~55才の間と言われ、
平均して約50才と言われています。

この50才を閉経の年として、閉経を迎える前後の5年の計10年間、
45~55才の期間を更年期と呼んでいます。

そして、この更年期の期間においては、卵巣が衰え、ホルモン分泌が減少し、
心身ともに様々な異常を生じるようになります。
この症状を更年期症状と言います。

更年期障害とは、更年期症状が悪化し、日常生活が出来なくなり、
医師による施術が必要になる身体の状態を言います。

ただ、近年、更年期障害は、50歳前後の女性だけでなく、
若い世代の女性や男性にも目立つようになりました。

若い世代における更年期障害を、「若年性更年期障害」と呼んでいます。

更年期障害の予防・改善

更年期障害を予防するには、食事の見直し、サプリメントの摂取、運動など様々です。

食事に抗酸化性の強い食事を取るようにすることで、
卵巣機能の急な低下を防ぐと共に、
ホルモンによく似た成分を含むサプリメントなどを愛飲することで、
ホルモンバランスの良好な状態を維持出来るようになります。

又、初期症状が出た時に、早めに対処することで、
更年期障害になる前に症状を止めることも出来ます。

更年期障害に対する知識がないため、不安感がたまってストレスを溜めてしまい、
かえって更年期障害を悪化させていることもあります。

更年期障害に対する予防・施術の知識を持つだけでも、
ストレスが軽減でき、その結果、更年期障害を防止することにもなるのです。

更年期障害の鍼灸効果

更年期障害の施術においては、世界保健機関(WHO)において
鍼灸適応症として、その効果が公的機関に認められています。

鍼灸施術は、公式にも認められている医療行為であり、
更年期障害の施術に大変有効な手段です。

又、更年期障害という概念は、すでに東洋医学においては、
古来より確立されていました。

東洋医学においては、女性の身体は7の倍数の年に身体の大きな変革を迎えるとされています。

例えば、14歳で初潮を迎え、28歳で身体の機能のピークを迎え、
42歳で機能が急速に衰え、49歳で閉経になるとされています。

身体の大きな変革期には身体のバランスを崩しやすく、
東洋医学においては、この年齢に合わせた施術が必要という考えがあったのです。

東洋医学においては、更年期障害の施術は、近年、確立されたものではなく、
古来よりすでに確立されていたのです。

更年期障害の防止には、ホルモンバランスの変調を抑える必要がありますので、
生殖器官の機能を高める施術を中心に行います。

その他、その方の身体の不調にあわせた施術を行い、辛い症状を緩和していきます。

長年、辛い更年期障害に悩まされている方がおりましたら、
一度は、鍼灸施術をお受けになられることをお勧めしています。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード