鍼灸適応症と予防施術について

鍼灸適応症について

鍼施術が、肩こりや腰痛の痛みを解消する程度の施術法と思われている方は、
かなりの多数を占めているのではないかと思われます。

しかし、この認識は、ずいぶん昔のことです。

鍼灸は、更年期障害・生理不順・冷え性・不妊などの婦人科系疾患、
貧血・高血圧などの循環器系疾患の他、自律神経失調症、花粉症、リウマチ、アトピーなどの
施術にも効果を発揮することが、近年の研究によって解明されてきたのです。

これは、世界保健機関(WHO)において、
複数の疾患について鍼灸が有効であると公式に発表されたことからも明らかになっております。

世界保健機関において、鍼灸適応症として認定されている代表的な疾患を
紹介すると次のとおりとなります。

【婦人科系】

不妊症、更年期障害、月経困難症(生理痛)、冷え性(冷え症)

【神経系】

坐骨神経痛、肋間神経痛、頭痛、顔面神経痛、頭痛、不眠症、脳卒中、頸腕症候群、三叉神経痛、めまいなど

【運動器系】

肩こり、腰痛、むちうち、捻挫、関節炎、寝ちがい、リウマチ、関節痛、四十肩、五十肩、腱鞘炎など

【循環器系】

貧血、高血圧、低血圧

【呼吸器系】

気管支喘息、気管支炎、風邪など

【消化器系】

下痢、便秘、食欲不振、胃炎、胃潰瘍など

【耳鼻・咽喉科系】

 中耳炎・耳鳴・難聴・蓄膿症、メニエール病、咽喉頭炎など

【眼科系】

眼精疲労・結膜炎・疲れ目など

鍼灸は予防施術として有効

鍼灸は、古来より、「病気を未然に防ぐ」「病気の原因を根本的に取り除く」という考えがあり、
これは西洋医学における予防医療に近い考えと言えます。

この考えは、東洋医学では「未病施術」という言葉で表されます。
未病施術とは、「いまだ病まざるを治す」という意味です。

「未病」とは、「病気ではないけれども、病気の元となる病気の前兆のようなものが発生している」
という意味になるかと思います。

もう少しわかりやすく言えば、
「健康ではないけども、放置するとやがて病気を発病する」身体の状態を言い、
「半健康・半病気」のような状態と言えます。

それを考えると、未病施術とは、「健康ではないけれども、病気でもない」
「放置するとやがて病気になる」という身体の状態を施術するという意味になるのです。

つまり、鍼灸施術には、「病気を未然に防止」、あるいは、
「病気が現象化する前に、病気の原因を根底から取り除いていく」という考えがあります。

西洋医学においても、近年、予防医学が注目されてきましたが、
東洋医学においては、数千年も前から、すでに予防施術が確立されていたのです。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら