鍼灸師になるためには

鍼灸師の学校について

「鍼灸師になるためには、どうしたら良いの?」
「どこの学校、あるいは大学に行けばよ良いの?」
「お金はどれだけかかるの?」

これから、鍼灸師になりたい!と思われている方には、多くの疑問をお持ちのことと思います。

ここでは、鍼灸師になりたいという方のために、
鍼灸師になるための方法を簡潔に紹介したいと思います。

鍼灸師になる一般的な方法は、専門学校か大学に通って専門知識と実技を学び、
国家試験に合格する必要があります。

鍼灸専門の養成学校の通学期間は3年間、大学は4年間となります。

専門学校と大学のどちらが良い?

鍼灸専門学校と鍼灸大学のどちらが資格を取りやすいかについては、
今のところ関係はないように思われます。

どちらでも鍼灸師資格だけですので自分にはどちらが合ってるか見極める必要がります。

大学では、幅広い医学知識を学ぶので、多くの医療知識に興味を持たれる方には、
大学に行かれる方が良いかもしれません。
又、4年制なので企業への就職も出来ます。鍼灸院経営より就職を選ぶなら鍼灸大学が良いでしょう。

鍼灸専門学校は、全国に存在します。どの学校が良いかについては、
先生との相性や通学圏の問題など、いろいろな要素が重なりあうため、一概に言えない面もあります。

伝統や国家資格取得者の実績だけで決めるのもやや危険な面があります。

なぜなら、昨今の不況と少子高齢化により、入学者が少なくなり、廃校になる学校も出始めてきたからです。

実際に学校、あるいは文化祭などに参加して、生徒たちの活気などを肌で感じてみるのも良いでしょう。

学生が元気で活発であれば、生徒のやる気も高く、合格率も高まり、
それは学校の運営方針が成功されている結果と言えます。

反対に生徒や先生にやる気や元気がなければ、今後、停滞していく可能性が高いと言えます。

鍼灸師に必要なスキルとは?

鍼灸師になるためには、技術だけあれば良いというわけではありません。

鍼灸の資格を取得するには、ある程度手先が器用でなければ
だめなの?と思いがちですがそうでもありません。
仕事に対して手抜きが出来ない方の方が成功するかもしれません。

どんな職業でもそうですが、まず人が好きでないと
だめです。

そして、「人の喜びを自分の喜びと思える」心境が大事になり、
その前提条件として、コミュニケーション能力が必要となります。

なぜなら、鍼灸施術とは、患者の隠れた悩みや痛みを引き出し、
患者の身体の悪い部分を施術していかなくてはならないからです。

コミュニケーション能力がないと、患者さんの本当の悩みや痛みを理解できず、
結果、満足のいく施術ができなくなるからです。

こういったことを踏まえつつ、ご自分が本当に鍼灸師に向いているかどうかをもう一度見直してみましょう。


トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード