鍼灸・整体(マッサージ)・カイロプラクティックの違い

一般医以外の施術院の選択

身体の調子が悪くなった時、どこの病院に行けば良いか悩むことは多いと思います。

最初は内科や一般医に通院するケースが多いですが、
通院しても改善しない場合に、他の施術院での診察を検討されるのではないかと思います。

病院や専門医以外の施術院として、
代表的な施術施設に鍼灸、整体、カイロプラクティックがありますが、
そもそもこれらの違いを詳しく理解されている方はごくわずかなのではないかと思います。

これらの施術は同類のものとして思われがちですが、明らかに趣旨の異なる施術でもあります。

鍼灸施術には国家資格が必要

まず、大きな違いとして、国家資格を有しているかどうかがあります。

鍼灸院は、はり師、きゅう師の国家資格を有している先生が施術を行っています。

はり師、きゅう師は厚生労働省において許認可の得た学校で
基礎医学、東洋医学、臨床医学などを学び、
その後に国家資格に合格しないといけません。

国家資格を有する施術院として、整骨院があります。
整骨院は、「柔道整復師」の国家資格を有している先生が施術を行っています。

これに対し、整体やカイロプラクティックは、
国家資格を必要としません。

そのため、資格がなくても開業できるのが整体、カイロプラクティックになります。

整体は日本独自のものですが、まったくの素人でも開業することができるため、
実際に医学的な知識がない整体師も大勢います。

整体・カイロプラクティックと鍼灸の施術趣旨の違い

整体施術の方針は、歪んだ骨格を調整することにあります。

整体は、身体の様々な不調は、「骨格の歪みによる」とし、
この骨格を調整することで身体の不調を改善するという考えがあります。

一方、カイロプラクティックは、身体の様々な不調は
「脊髄の歪みにある」とされ、脊髄の歪みを矯正して、
自然治癒力を高めていくという趣旨があります。

これに対し、鍼灸は、すべての病気の根本原因は、臓器諸器官の乱れによるものと考えます。
そして、経穴(ツボ)に鬱血した血流を鍼で直接刺激して、
全身の気と血液の巡りを改善するという考えがあります。

整体は、手や指を使ってツボなどを刺激しますがツボの上から指で押すため、
確かに気持ちよくなるのですが、鬱血状態が根本的に改善されることはなく、
一つの気休め程度にしかなりません。

血行が悪くなっている鬱血状態を根本的に改善するには、
鍼のようにとても小さなものでツボを刺激する必要があります。

鍼灸ではツボに鍼を当てて、鬱血状態を解消させ、
全身の血行が改善されるようになります。
整体、カイロプラクティックのような効果もありますので
街の施術院で迷っているなら鍼灸院を選ぶことをお勧めします。

鍼灸施術のみが医療行為と認定されている

カイロプラクティックにおいても血流が根本的に解決されるわけではありません。
「脊髄の歪みによる神経の圧迫」という概念は、
一般の医学において、認められていないのも事実です。

そのため、カイロプラクティックは日本において、
医療行為と認められておらず、国家資格は存在しないことになります。

こういった中、唯一、鍼灸施術が国家資格として認定され、
法的にも医療行為として認められているのです。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら