鍼灸院ってどんなところ

鍼灸院について

鍼灸院とは、厚生労働省から許可を受けた「はり師」「きゅう師」が
施術を行う施術院のことを言います。

鍼灸院は、整体やカイロプラクティックといった民間資格と違い、
正式に国家資格を取得した方でないと、開業することが出来ないことになっています。

又、資格には、はり師ときゅう師がありますが、
両方の国家資格を同時に取得して施術院を経営していることが多いことから、
鍼灸院と呼ばれています。

鍼灸院ではじめに行うこととは

患者さんが最初に鍼灸院に来られたら、始めに、問診を行います。
問診は問診表と呼ばれる用紙にアンケート形式でお答えすることが一般的です。

問診では、身体の不調の内容、痛みの程度、異常を起こしている部位、
不調の期間、原因、経過などを確認します。

問診の内容は、鍼灸院によって異なり、「施術暦」や「一般症状(食欲、睡眠、便通など)」などを
詳しく記入することもあります。

又、坐骨神経痛や不妊などを得意とした専門鍼灸院では、
それらの疾病に合わせた問診表が用意されています。

鍼灸院によって得意分野・不得意分野がある

鍼灸院は、一律的にどこも同じというわけではありません。

鍼灸院によって、実は得意分野と不得意分野があります。

肩こりや腰痛などの一般的な施術を得意とする鍼灸院もあれば、
不妊や坐骨神経痛などの特定の疾患に特化して施術を行っている鍼灸院も存在します。

他には、うつ病や心身症の施術が得意な鍼灸院、
美容関連に特化した鍼灸院などがあります。

又、不妊施術が得意だからといって、心身症の施術が得意ということにはならず、
むしろ苦手なため、施術を断われることもあります。

鍼灸院が最も得意とする施術とは

総論的に言えば、鍼灸院が最も得意とする施術は、
「未病を治すこと」、「不定愁訴や慢性疾患のような西洋医学において苦手とする疾患」
を改善することにあります。

「未病」とは、病気ではないけれど、放置しておくと
病気を患う可能性の高い身体の状態を言います。

そのため、未病は、検査をしても病気が発見されることはありません。

不定愁訴は「なんとなく身体の調子が悪い」「身体が重い」
「疲れやすい」「だるい」などのような曖昧な身体の不調を訴えるようになります。

西洋医学では病気の部位や原因を具体的に特定することで、
施術のための解決手段を見出します。

そのため、慢性疾患や不定愁訴、まだ病気として現れていない未病のような症状には、
西洋医学は向いていないことになります。

原因や身体のどの部分が悪いのか発見できない疾病の
施術に、鍼灸施術はとても大きな力となる可能性を秘めているのです。



トップへ戻る

すずらん鍼灸院

〒121-0816 東京都足立区梅島1-5-1 東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)梅島駅から徒歩4分

【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル

ネットからのご予約はこちら
問診票ダウンロード